お問い合わせはこちら 0422-29-7766

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは

AGA(男性型脱毛症)

AGAは、男性型脱毛症(薄毛症)のことでAndrogenetic Alopeciaの略称になります。AGAは成人男性によくみられる進行性の脱毛症で、多くは思春期を過ぎてから額の生え際や頭頂部の毛髪が次第に軟毛化していき、それが繰り返されていくうちに細く短くなっていきます。さらに時間が経過していくと、頭の生え際が後退していく、もしくは頭頂部が薄くなっていき、やがてこれらの部分にあった毛髪は失われていきます。なお発症原因につきましては、男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れ、遺伝といったものが挙げられています。

以下のような悩みや症状のある方は一度ご受診ください(例)

  • 家族に髪の薄い人がいて、自分も薄くなるのではないかと心配だ。
  • 抜け毛が気になる。
  • 10代後半から毛髪が抜け始め、髪が薄くなってきた。
  • 額(ひたい)の生え際が後退してきた。
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなってきた。
  • 細くて短い髪の毛が多くなり、髪のハリやコシが無くなった。 など

治療について

日本人男性のおよそ4人に1人の割合で発症しているとの報告もあるAGAですが、治療を行わなければ、ただ毛髪が失われていくだけです。上記の症状がみられる方で、薄毛の症状を改善したいと考えている方は、一度ご相談ください。ちなみにAGA治療は、保険が適用されませんので全額自己負担となります。

AGAと診断され、医師がAGA治療薬を服用することに問題ないと判断された方には、治療薬を処方します。当院で処方するのは、フィナステリド®(フィナステリド)、もしくはザガーロ®(デュタステリド)になります。

フィナステリド®とサガーロ®

フィナステリドとは、脱毛作用が強いとされる男性ホルモンの働きを抑制することで発毛を促進させる「フィナステリド」なる成分が含まれている内服薬で、同成分が働くことによって毛根が深くなって、髪を太くするようにします。1日1回の服用が基本です。一方のサガーロは、発毛効果がフィナステリドの約1.6倍あるとされている「デュタステリド」が配合されている内服薬になります。当院では、患者様の進行の程度や症状などから発毛効果が期待できる服用薬を提案いたします。こちらも服用は1日1回です。

副作用について

AGA治療薬服用による副作用には、性欲減退や勃起不全といった男性機能に関する症状が現れることが報告されています。ただその現れ方は個人差があります。このほか肝機能の障害を起こすことも稀にあります。副作用が出た場合は、服用を直ちに中止して医師へご相談ください。
なお、AGA治療薬の服用によって、ある程度の効果がみられ、この状態を維持したいと希望される場合は、同薬を服用し続ける必要があります。

クリニック名
あらた形成スキンクリニック
院長
山本 改
診療内容
(診療科目)
形成外科・美容皮膚科
住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-1-7 吉祥寺DMビル3F
TEL
0422-29-7766
最寄駅
JR・京王井の頭線 吉祥寺駅北口より徒歩3分
診療時間 日祝
10:00-14:00
14:30-18:30

◯:14:30~18:00 休診日:木・日・祝日
※受付は診療時間終了の30分前までです。