お問い合わせはこちら 0422-29-7766

ケガ・やけど

ケガ(外傷)

ケガ(外傷)

外部から力が加わることによって組織が損傷し、切り傷や擦り傷、皮膚欠損などが生じます。受傷してから治療するまでの期間が短いほど治療の選択肢も増えます。また、感染症を発症する恐れもありますので、これらのケガをした場合は速やかに受診するようにしてください。治療では傷跡をなるべく目立たなくするような処置をご提案いたします。

また顔面の外傷では、見た目だけでなく、心にも深い傷跡を残してしまうケースがあります。顔は露出している部分ですので、交通事故やスポーツでの事故、殴打によって、大きな損傷を受けることは少なくありません。当院では、傷跡だけでなく、機能障害などもできるだけ残さない治療法で対応いたします。

このほか救急外来にて、顔面部分に縫合処置を受けたという場合も翌日に当診療科(形成外科)をご受診ください。速やかに専門的なチェックをし、必要な場合は再縫合を行うこともあります。

やけど

日本熱傷学会が認定する熱傷専門医の院長が診察させていただきます。
主に熱などの刺激によって、皮膚や粘膜が損傷している状態がやけど(熱傷)です。皮膚に高温のものや刺激性物質が一定時間以上触れることで生じます。

熱傷は症状の程度によって治療方法が異なります。
まず、程度によって大きくⅠ~Ⅲ度に分類されます。Ⅰ度熱傷とは表皮のみのやけどのことで、ヒリヒリした痛み、皮膚に赤みなどがみられます。この場合は、ほとんど傷になることなく、数日で症状は治まります。軟膏やクリームの塗布で対応します。

Ⅱ度熱傷は真皮まで達しているやけどのことで、ヒリヒリした痛みや水ぶくれがみられます。Ⅱ度熱傷ではさらに浅達性Ⅱ度熱傷と深達性Ⅱ度熱傷に分類されます。浅達性Ⅱ度熱傷は真皮浅層までのやけどで、赤みから徐々に水疱を形成して傷になります。軟膏治療を行い、おおむね2週間程度で治癒します。一方の深達性Ⅱ度熱傷は真皮深層まで皮膚の損傷が達しているやけどです。浅達性Ⅱ度熱傷と同じように受傷部位が赤くなり、水疱もみられますが、傷表面は白色がかっています。軟膏治療を行いますが、浅達性に比べて治癒までの期間が長くなり、目立つ瘢痕を残しやすくなります。いずれの場合も、軟膏や創傷被覆剤を用いた湿潤療法を行うことで、なるべく早く、なるべくきれいに治るように治療を開始することが重要です。

Ⅲ度熱傷とは一番深いやけどのことです。皮膚のすべてが損傷し、皮膚は白色になります。また、痛みを感じることがありません。Ⅲ度熱傷では皮膚が壊死しているため、細菌感染を起こしやすい状態です。そのため壊死組織を除去するデブリードマンという処置と皮膚を移植する手術(植皮術)を行う必要があります。

やけどは時間が経つにつれて徐々に深くなることもあります。やけどをした場合は患部を十分に冷やし、そのままの状態でなるべく早く当院を受診していただくことが重要です。

クリニック名
あらた形成スキンクリニック
院長
山本 改
診療内容
(診療科目)
形成外科・美容皮膚科
住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-1-7 吉祥寺DMビル3F
TEL
0422-29-7766
最寄駅
JR・京王井の頭線 吉祥寺駅北口より徒歩3分
診療時間 日祝
10:00-14:00
14:30-18:30

◯:14:30~18:00 休診日:木・日・祝日
※受付は診療時間終了の30分前までです。